単語力(語彙力)をつけるにはどうしたらいい? 

TOEIC900点を独学1年で達成する勉強法

単語力(語彙力)をつけるにはどうしたらいい? 

「単語力をつけたい」

英語中級者までの共通の悩みはまさに単語力です。英文法や構文、文構造を読む力がある程度つけば、あとは単語力勝負になってきます。


今回は単語力をつけようと頑張ってるけど一向につかない悪い例を中心にお伝えさせてもらいます。



英単語学習 失敗例@ 単語帳だけで増やそうとしている

確かに最近の単語帳はよくできていて、音声CDがついているのは当たり前、厳選された例文や頻度順に並べられているなど、どれもとっても素晴らしい内容です。


なので、あまり単語帳自体に差がないように思います。(私は、旺文社ベストセラーの英検1級PASS単・熟語を使用中)


大切なのは、単語力をつけるための方法を単語帳だけに頼らない!ということでしょう。語彙力をつけるためには単語帳の活用以外にも多くの方法・アプローチがあります。


私の場合は、英字新聞+NHKビジネス英語+単語帳の3方向から語彙力を鍛えています。


中でも一番重視しているのは英字新聞。興味ある記事から学ぶ語彙は新鮮で記憶にも残りやすいのです。(興味あるからは左カラムからどうぞ)


単語帳は、補助的な役割といったところ。あまり単語帳に期待せずに、一度覚えた語彙を忘れないように確認する程度の期待にしています。



英単語学習 失敗例A 反復量が全然足りない!

当たり前のことですが、人間には「忘れる」という能力があります。これはもう避けては通れません。


なので、忘れかける直前の、絶妙のタイミングでもう一度頭に入れてやる必要があるのです。いわゆる「記憶のメンテナンス」というものです。


私の場合は、毎日就寝前の15分〜20分は、今日覚えた語彙の復習です。といっても、声に出して読む程度ですが、これだけで効果絶大。記憶に残っている割合が飛躍的にアップします。少しずつ確実に単語力がアップしていきます。


このような記憶のメンテナンスをせずに反復回数がたりていない人は、新しい語彙を覚えては忘れ、さらに新しいのを入れては忘れ・・・の繰り返しなんですね。語彙力がつくわけがありません。


これは悲しすぎます。努力がすべて無駄に終わってしまってるわけですから。。


是非、「単語を覚える=(イコール) 記憶とつきあう」ということを意識してください。私がこのことに気付いたのも、英語学習歴の後半になってからです。


もっと早くに気づいていれば(せめて大学受験時に・・)と思ってしまいますが、今まで非効率にしていた分をこれから取り返していこうと思っています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。