TOEIC受験会場に時計はあるの?

TOEIC900点を独学1年で達成する勉強法

TOEIC受験会場に時計はあるの?

TOEICの試験内容は、200問2時間と非常にハードなテストです。
すべての問題に解き切る為の時間配分が大切なのは言うまでもありませんが、TOEIC試験では時計が必需品になっています。



受験会場にいくとは時計がない場合も多いので、自分で時計を持っていく必要があるのです。たまに時計を持ってきていない学生を見かけますが、これは全然ダメですね。目的意識が低い受験生か、または時間配分を体に叩き込んだTOEICの達人のどちらかでしょう^^


ここで、注意が必要なのは、携帯電話・置時計は禁止されている、ということです。また、下手に高機能な時計を持っていくのも何が起きるかわからないので、危険です。
特に時計のアラーム機能や、例えば2時ちょうどにピピっとなるあの機能ですね。

個人的には、シンプルな文字盤だけのアナログ腕時計がおすすめです。私はいつも、すぐに目につく机の左端に置くようにしています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。