英字新聞は読んだ後に捨ててしまえ。

TOEIC900点を独学1年で達成する勉強法

英字新聞は読んだ後に捨ててしまえ。

英語学習者の皆さん、英字新聞を読んだことはありますか。


TOEIC700点を超えたあたりから、英文の多読・速読やインプットの絶対量が必要になってくるので、英字新聞は本当にそれらの良い教材です。
そして、速読することで良いリスニング教材にも成り得ます。


ただ、定期購読をしているが、「読まずに貯まる一方」という状態になっていないでしょうか。
私が学生の時に、英字新聞を定期購読していたころはそうでした^^;


そこで、私は一つルールを決めました。


それは、「必ず、その日の英字新聞はその日のうちに捨てる」ことです。


読まずに貯まっていった時に気づいたのは、いつでも読めるという安心感から読まないんですね。
貯めても絶対に読まないし、どうせ翌日も新しいのが届くし。だったら、その日のうちに捨てちゃえと^^


その日のうちに捨ててしまうことで、もったいないからせめて一記事だけでもっという気持ちになります。時間がないときは、英字新聞の見出しだけえも十分勉強になると思います。


これは本当にオススメの英字新聞の読み方です。一度試してみてください。ただし、欲張ってすべての記事を読もうとしないでくださいね。


好きな記事だけいいですよ。毎日、少しずつ読むことで単語力や読解スピードが身に付きますよ^^
関連サイト→英字新聞 TOEIC対策


TOEICスコア800未満の方は →  週刊ST
TOEICスコア800以上の方は →  Japan Times(ジャパンタイムス)  

  

    ==英字新聞って難しくて読みづらいんじゃないかなぁ…?==

  そんな風に思っている方、是非ジャパンタイムズが発行している
  辞書なしで読める英語学習紙『週刊ST』を購読してみてください。
  英文には日本語注釈ついているので読み易いと感じて頂けるはずです。
  お申し込みはこちらから ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HTTN6+1IRX7E+B8G+601S3

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。